FC2ブログ

消費増税でもICだけが安いとは限らない その1

JR東日本 切符 乗車券 横浜 550円

ここ数日もパソコンにさわっている時間が無いほど忙しい日々を過ごしています。
ついでに言えば、熱が出て体調も良くありません。


先日、用事の一つで横浜に行くことがありました。

横浜と言っても、関内ですが、分刻みで用事をこなしていました。
JR京浜東北線 根岸線 関内 横浜 神奈川県庁


メインのことですが、
消費増税で、ICカードを利用すると安くなるということは知られていると思います。
しかし、必ずしもICカードがやすくなり、メリットがある訳ではありません。

御茶ノ水駅から関内に向かうときだったのですが、550円でした。
写真は帰りのときに横浜駅から乗ったものです。運賃自体は同じです。


JR東日本 切符 乗車券 横浜 550円

御茶ノ水かた横浜間は、切符で550円なのは、見ての通りですが、ICカード利用でも550円です。
つまり、ICカードは得しているわけではないということです。

私は日頃から振替輸送などを利用することを考えてICカードを利用することはしていないのでこのことも書きますが、
振替輸送を使うときはIC定期券以外のICカードは利用できません。
そのことを考えると、同じ値段で切符で行けるところは、切符の方がお得になります。

振替輸送の話は今後したいと思います。
今回は、ICカードの値段は磁気乗車券より必ず安くなるわけではないという事です。
スポンサーサイト
2014-04-30 01:37 : 消費増税 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ICカードは 1円単位の利用・10円単位のチャージ へ

増税記事を書く予定でしたが、時間の都合で、この記事を先行的に書きます。

4月1日からICカードは1円単位で利用となります。

1円単位 ICカード利用

このことは報道などから知っている人が多いと思います。

ですが、ICカードが10円単位でチャージ出来ることになることは知られてないと思います。

3月15日土曜日から先行実施のように思いますが、東京メトロでは10円単位のチャージが可能になるようです。
10円単位チャージ 東京メトロ

いままでは、精算機で必要に合わせて10円単位で精算を行っていましたので、
機械上できることは知っている人もわりといたと思います。

精算機で10円単位と書いたのは、

ICカードに200円しかなかった
メトロ御茶ノ水駅からメトロ西船橋駅へ行きたい
必要運賃は270円

200円ー270円=ー70円

東京メトロの初乗りは160円なので、電車に乗ることは可能

西船橋駅でのりこし精算すればよい

西船橋駅の精算機でICカードを入れて
70円硬貨投入

ICカードに270円チャージしたことになり
その後自動改札機で270円引かれている表示が出る。


ってわけです。

曖昧な記憶で例を書いているので、実際どうなっているのか知りません。

確実なことは、3月15日から東京メトロではICカードのチャージが
必ず1000円・10000円のように1000円刻みだけでなく
10円単位でチャージできることです。

上記の例で言うと


ICカードに200円しかなかった
メトロ御茶ノ水駅からメトロ西船橋駅へ行きたい
必要運賃は270円

200円ー270円=ー70円

メトロ御茶ノ水駅でICカードに70円チャージする。

ここでICカードの残高は270円

そのまま西船橋駅の改札を出場できる


こういうことです。


10円単位でチャージできることで、利用する立場から言えば
・使いたい分だけチャージできる。
・のりこし精算の列に並ばなくてもすむ

この利点があると思います。



注意書きをしますが、10円単位のチャージは知る限り東京メトロだけのようです。
京王電鉄も実施するようですが、確認をしてません。
2014-03-14 02:02 : 消費増税 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

HozuLab(ほずらぼ)

Author:HozuLab(ほずらぼ)

ClariSのBGMが流れている時だけテンションが余計に上がる。
ちょっと違う思考の持ち主

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR