FC2ブログ

LED表示機を実際に作ってみる(丸ノ内線02再現)  番外編

番外編です。

これまで、LEDパネルを用いていろいろ作りました。

最初は1枚のパネルを1台のarduinoを用いて表示しました。
arduino LED

ディフォルトですが、アルファベットも表示が可能です。(全角文字は不可能)
LED HOZULAB

そして、ドット絵が出来るということで、このようなものもつくれた訳です。
秋月 LED ClariS

そして、もう1枚のパネルを用意して、arduinoも増やして

arduino LED

丸ノ内線の再現をしました。
丸ノ内線02 表示 秋月 マトリックスLED

もちろん、丸ノ内線の再現しかできないのか?と言われれば、
このようなこともできます。

ClariS LED
ClariS LED

むしろ、最初に表示したのはClariSのロゴだったりしました。

実は、1枚のパネルを動かす時に思っていた事ですが、全部白にして点灯すると
白 LED
まぶしい!だけじゃなくて、1枚のパネル実測値で2Aほど流れたような気がします。
公称でもパネルは1Aですが、それでも流れすぎてる気がします。

そして、今回の再現をする前に一番思ったこと
こういうことが、本当はやりたかった。
秋月 LED


動画ファイルをLEDパネルに表示したかった!
パソコンからシリアル通信を使ってArduinoを通してリアルタイムにパネルに表示させる。
でも、所詮arduinoに使っているAVRマイコンはメモリが少ない。(マイコンとしては多いかもしれませんが)
そんなメモリに大量のフレームをいれたりするのは、物理的に無理。
マイコンのメモリ領域を使って表示は流石に非常識だと思いますし。
(丸ノ内線の再現も、一度に3つぐらいの行き先しか表示ができません。
プログラムをできる限り短くしても、5つぐらい)
Arduinoでプログラムの入ったSDカードを読み込めるようにするのも一つの手ですが、
そんなことをすると、配線が複雑になるからしたくなかった。

そういうこともあって、実は今回の再現記事を書いていて、一番イライラしてました。

でも、シリアル使ってリアルタイムに表示できる技量はまだないし、クリアするのに時間がかかると思いました。
ネット上には、シリアルでリアルタイムに表示できるライブラリを公開している人もいますが、やるなら、ライブラリの解析をして
自分なりに作り直したりしたくなりますし、さらに複雑になります。
また、arduinoでそもそもfpsを維持できるのかという面もあります。

実際、パネルを買う前から思っていた事でもありますが、
単価の安いarduinoにこだわる必要がなければ、RaspberryPiを使えば簡単だと思ってます。。

こんな感じに
Raspberry Pi LED

RaspberryPiを使えば、メモリなんて、SDカードの容量や外付けUSBの容量次第ですし、
arduinoよりもCPU速度は速い。

しかも、パネル2枚を1台のRaspberryPiで表示も出来ると思いますし。

動画も表示できそう。

と、思っていました。

いつか、余力があるときに、やってみようかなと思います。
そして、いつの日か、16x32パネルでツイートを表示したり、アニメを表示してみたりしたいなぁ

余談ですが、
いきなり32x128とかに挑戦するのは、個人的に言うと、危険です。
基板について回路が想像付いたりするような知識がある人は別ですが、いきなり輸入をしたりしてやることは、無謀だと思います。
(少なくとも、こんなパネルを買わないで、8x8マトリクスLEDを何枚も並べて、シフトレジスタとか組み込んで点灯させようとする人でなければ)

まずは16x32とか小さい物をいじって、次に大きな物をいじったりする
段階を踏んで、いくことをおすすめします。


最後に、今回のシリーズは、どこかの鉄道サークルの会誌に載ります。
探してみてください。

ということで、番外編でした。

次回からは、鉄道模型ショウのことと鉄道模型コンテストの事を書いていこうと思います。
スポンサーサイト
2015-09-04 00:44 : LED表示機 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

LED表示機を実際に作ってみる(丸ノ内線02再現) その⑦:丸ノ内線02を再現(ドット絵を点灯させてみる)

その⑦:丸ノ内線02を再現(ドット絵を点灯させてみる)

最終回です。

その⑥でほとんど終わってしまったようなものですが、コレを書くことにしました。

その⑥では、最後に一つのarduinoIDEの画面しか出しませんでしたが、
LEDパネルの右側、左側をそれぞれ分けているので、あのようにしました。

そして、右側、左側をそれぞれ違う表示物のプログラムにして、
hozulab_arduino.jpg

書き込むと

丸ノ内線 LED 中野坂上

このようになります。

ここで終わっても良い気がしますが。更に続けると。

気分だったのですが、どうせ丸ノ内線の行き先なんぞ数が知れていると思ったので、
全種類作ってみることにしました。(一部資料がないので、想像)

エクセル上でちまちまつくってみた。
arduino 秋月 LED 丸ノ内線

そして、表示はこのようになりました。
丸ノ内線 再現LED 新中野丸ノ内線 再現LED 方南町丸ノ内線 再現LED 中野坂上丸ノ内線 再現LED 中野富士見町丸ノ内線 再現LED 荻窪丸ノ内線 再現LED 池袋丸ノ内線 再現LED 新宿丸ノ内線 再現LED 茗荷谷丸ノ内線 再現LED 回送丸ノ内線 再現LED 試運転丸ノ内線 再現LED 後楽園丸ノ内線 再現LED 銀座丸ノ内線 再現LED 四谷三丁目丸ノ内線 再現LED 御茶ノ水丸ノ内線 再現LED 新宿三丁目

ということで、ほぼ最後ですね。
これまでに作ったファイルを公開します。
ダウンロードページ

再配布は禁止です。直リンクも禁止です。

また、arduinoのファイルの使い方についてですが、
hozulab_arduino.jpg

表示したい行き先の所の 「//」を消せばいいだけです。
表示したくない行き先には「//」を先頭に付け足せばいいだけです。
初期設定は新中野になっています。
そして、予め書いておきますが、1秒おきに別の行き先が表示できるようには組んでいません。
一つの表示のみをするというものです。

以上で掲載予定だった「LED表示機を実際に作ってみる(丸ノ内線02再現)」は終わりです。


次回 番外編
こんなもので私自身が満足できる事もなければ、元々やるつもりだったことなど、
うんちくをどんどん書いてきます。

では
2015-09-03 22:26 : LED表示機 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

LED表示機を実際に作ってみる(丸ノ内線02再現) その⑥:丸ノ内線02を再現(エクセルでドット絵を作る)

その⑥:丸ノ内線02を再現(エクセルでドット絵を作る)

おそらく、今回の記事は、ドット絵で再現することが好きな人には良い記事かもしれません。

つづき

使用するLEDマトリックスは、ライブラリにもよりますが、今回の流れでは
arduino上では、テストパターンのプログラムでは1ドット分を次の様にしているのをみつけました。


arduino 秋月 LED 丸ノ内線

ということで、1ドットずつ点灯が可能。分かりやすくすると

こういうことです。
arduino 秋月 LED 丸ノ内線

あとは、ドットの位置を決めていけば良いのですが、ドット絵を簡単に変換できるプログラム組んだ方が早いのでは?
と思いました。

しかし、今回はだれでも出来る。ということなので。
エクセルで、、、、


arduino 秋月 LED 丸ノ内線


ちょこちょこっと作ってみた。

arduino 秋月 LED 丸ノ内線

ドット絵が苦手なので、凄く時間かかりました。
bitmapから変換するソフト作った方が早かったかな?

右側の変換したものをコピーして、メモ帳などに貼り付けて
arduino 秋月 LED 丸ノ内線

見栄えを美しくするために、改行やタブを消して
関数化して
arduino 秋月 LED 丸ノ内線

arduinoIDE上に貼り付けて

arduino 秋月 LED 丸ノ内線

関数を呼び出すように書けば

arduino 秋月 LED 丸ノ内線

まぁ出来るわけですよ。

ちなみに、エクセルのデータとかは、最終回で全て公開します。
2015-09-02 19:00 : LED表示機 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

LED表示機を実際に作ってみる(丸ノ内線02再現) その⑤:パネルを2枚にしてみる

更新が滞ってしまいました。

「その⑤:パネルを2枚にしてみる」も特に何も技術的な事は0です。

2枚目を買って来ました。
秋月 LED arduino
写真は使い回し。

そして、aitendoで、もう一つのarduino互換機を買ってきました。
arduino LED 秋月 カラー液晶
今度は、個人的にフルカラー液晶付き128x128を買ってみました。

arduino LED 秋月 カラー液晶
arduino LED 秋月 カラー液晶

まぁ、組み立てたんで、点灯させてみたり
arduino LED 秋月 カラー液晶

液晶は使わないので

arduino LED 秋

これで2台のarduinoが用意できました。
arduino LED

LEDマトリックス2つとarduino2台をそれぞれつなぎます。
(配線は全く同じ)

arduino LED 秋月

そして、二つのarduinoにテストパターンを書き込んでみた。

arduino LED 秋月

ここまで出来たので、あとは、ドット絵ですね。
2015-09-01 21:05 : LED表示機 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

LED表示機を実際に作ってみる(丸ノ内線02再現) その④:パネル1枚でやれること(ソフトウエア書き込み)

その④は何もすることがないです。

秋月のサイトからライブラリーを持ってきます。

秋月 arduino LED

Arduino IDEにインクルードします。

秋月 arduino LED
秋月 arduino LED

最初は、テストパターンとして、見ておきたいので
「testshapes_16x32」を見ておきます。

秋月 arduino LED

ポートを選択します。分からなければ、COMポートを上から順にやっていけばいいです。
(USBケーブルでArduinoとPCをつないだ上でやります)

秋月 arduino LED

そして、左上の→をクリックして、マイコンに書き込みが終われば、

秋月 arduino LED

まぁ、ここまでは動きますわ。

秋月 LEDマトリックス

ということで、2枚に増やしてみるか。
次回、2枚に増やす。
2015-08-22 23:43 : LED表示機 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

HozuLab(ほずらぼ)

Author:HozuLab(ほずらぼ)

ClariSのBGMが流れている時だけテンションが余計に上がる。
ちょっと違う思考の持ち主

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR