信号機の作り方

冬コミでPontekiaとして頒布した信号機の作り方です。
だれもまねしようとは思わないはず。

たしかに、これで300円は安すぎたかもしれない って思います。
Pontekia 信号機 C93 コミケ

DMM.makeに予めCADを送り、届きました。
Pontekia 信号機 C93 コミケ
旧JIS規格の1/150 きちんと、光が通るように穴も開けています。

一つ目の大変な作業 LEDの取り付け
Pontekia 信号機 C93 コミケ
1608サイズの表面実装LEDを手で配置していき、瞬間接着剤でひたすら固定していきます。
ずれたらずらす。この緻密な作業が相当大変です。

次に面倒な作業の配線をします。
Pontekia 信号機 C93 コミケ
基板を使ってしまうと薄さを保てなくなるので、φ0.1mmポリウレタン線を使用します。
LEDが固定されているからと言って、ここまでくるとピンセットもあまり使い勝手が良くないため、
素手でやっています。


ひとまず、点灯試験をしています。
Pontekia 信号機 C93 コミケ

最後に大変な作業です。管にポリウレタン線をひたすら通していきます。
Pontekia 信号機 C93 コミケ
3灯式は4本で済むので、まだ良い方です。それでも一度に作れる個数は限界があります。

そして、疲れ切った状態で梱包
Pontekia 信号機 C93 コミケ

実は、使用しているLEDは、白・黄・赤ですが、白に若干緑成分があります。
絵の具で一つ一つ少しだけ塗っています。今回は、急ぎだったので若干いい加減になってしまいましたが、
真っ白って訳ではないです。

まだ24個ぐらい?材料は余ってます。システムは作れるけど模型は作れないと言う方。
どうぞ、気軽に連絡ください。

これをみて、信号機を作りたいと思った方がいるのかどうか。
スポンサーサイト
2018-01-05 00:54 : Pontekia : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

HozuLab(ほずらぼ)

Author:HozuLab(ほずらぼ)

ClariSのBGMが流れている時だけテンションが余計に上がる。
ちょっと違う思考の持ち主

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR